交通事故に合う前に

走行中にバースト!交通事故被害を大きくしないための運転技術とは?

高速道路で非常に多い事故の1つとして挙げることができるのが、タイヤのバーストです。いわゆるパンクのことですが、高速走行中は、どうしてもこのバーストのリスクが通常時よりも高くなってしまいます。ということで、ここではバーストしてしまったときの対処法について触れていきたいと思います。

大切なことは「安全に路肩に停車する」ということ


バースト時の対処法は、単純に、ハンドルをしっかりと持って、安全に路肩へ停車するというものになります。また、可能であれば、路肩までいくときにハザードランプを点滅させたいところです。後続車に「何かトラブルかな?」と思わせることができ、これが非常に重要な意味を持つからです。
また、バースト時は、ハンドルがかなり重くなり、かつ取られやすくなってしまいます。したがって、しっかりと持つ必要があるわけです。昨今の車は非常に丈夫なので、バースト程度では、大きな損傷にはつながりません。兎にも角にも、大きな交通事故に発展しないように細心の注意を払って路肩に停車することが大切になってきます。

言うまでもなく停車後は安全な位置へ避難


路肩に停車することができたら、次に行うことは、当然、自分自身の安全確保です。車内には残らずに、ガードレールの外に避難することが大切です。もちろん、車の外に出るときは後続車の確認をしっかりとしながら降りことが重要なポイントになってきます。
また、少しでも事故のリスクを下げるためにも、避難する場所は、車の前方ではなく後方です。不幸にも停車中の車に後続車が追突してしまった場合、前方にパーツや自動車本体が飛ぶ可能性があるため、このリスクを避けるためです。

まとめ:ハンドルをしっかりと操作すれば何ら問題ない

バースト時は、ただの「パンク」のため、しっかりと運転をしておけば大事にはなりません。ハンドルが取られないようにしっかりと持って、ハザードランプを点滅させながら路肩に停車することが対処法になります。後は、ガードレール外に避難をして然るべきところに連絡をすることがポイントになってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です