交通事故が起こりそうな状況

走行中にスリップ!どう対処したらよい?

車を運転していると、どれだけ安全運転をしていても、操作ミスというものは、どうしてもでてきてしまいます。例えば、ハンドルを切りすぎてしまい、予想以上に曲がってしまったなど。大事に至らなかっただけで、似たような経験をしたことがある人は多くいらっしゃるかと。そこで、今回は、操作ミスをしてスリップしてしまったときの対処法について触れていきます。

「逆ハンドル」と呼ばれるテクニックを駆使する


スリップしてしまった場合は、とあるテクニックを駆使して、なんとか車を制御することが大切になってきます。それが逆ハンドルと言われるテクニックとなります。「このようなテクニックを持っていない!」と不安に感じるかもしれませんが、意外と簡単にできるため落ち着いて対処していくことが大切です。
やり方は、単純明快で、スリップしている方向と逆の方向へハンドルを切るだけです。このポイントになる部分は、怖くなってしまい中途半端にしないことです。特にアクセルは離さずに踏み続けることが大切になってきます。これでしっかりと挙動が回復するため、度胸も必要になってきます。

スリップしないことが大切は…言うまでもない


とはいえ、やはりスリップする前に「しないドライビングテクニックを駆使する」ということが大切になってきます。例えば、雨の日は、スピードを出さず、水履けのよい道路を選んで走るなどです。これも一つの立派なドライビングテクニックです。
また、当たり前ですが、溝の少ないようなタイヤは履かないということです。やはり、タイヤの溝は非常に重要な意味を持ちます。あるのとないのとでは大きな違いとなるため、必ず溝があるものを履いておくようにしましょう。

まとめ:慌てずに対処することが大切

ともあれ、スリップをしてしまったときは、兎にも角にも慌てずに逆ハンドルを切って、挙動を取り戻すことが大切です。繰り返しになりますが、このときはアクセルは踏んだままというのが大きなポイントになってきます。他には、単純にスリップをしないように備えておくことが大切になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です