交通事故に合う前に

走行していたらエンジンから煙が!?オーバーヒートで交通事故?

車という世界は、ただただ本当に凄いと言えます。何故、このようなことを言うのか?ですが…。日進月歩の勢いで車の技術は発達しているから凄いと言いたいのです。結果、故障などで停まってしまうことは少なくなってきた時代になっているということです。これを踏まえて「オーバーヒート」について触れていきたいと思います。

慣れていないからこそ大きな事故に繋がってしまう


昨今の若い世代は、車のボンネットの開け方を知らない、ミッション車が全く運転できないと、色々な意味で車離れが進んでいます。したがって、オーバーヒートという言葉すら知らない人も多くいらっしゃいます。そもそも、車自体の性能が格段とアップしているため、オーバーヒートを起こさなくなっている現実もありますが。
ただ、だからといって「全くおきないのか?」と問われると答えはノーです。オーバーヒートは今でも起きるときは起きます。しかし、あまり身近なものではないため、運転を焦ってしまい大事故に繋がるような運転をしてしまう場合もあります。オーバーヒートの対処法は非常に簡単なので、知識さえ持っていれば交通事故を防ぐことができます。

対処法は単純明快で「止める」だけ


では、どのようにオーバーヒートが発生したとき対処するのか?ですが、ただ単純に路肩に車を停めるだけで問題ありません。もちろん、停めるというのは、エンジンも停めるということです。つまり、熱を下げてあげればよいというわけです。重症なケースもあるため、これだけでは対応できない場合もありますが、まずは停めることが大切です。
症状が軽ければ、熱が取れれば運転できるようになります。ただ、だからといって「治った」というわけではありません。最寄りのガソリンスタンドや、ディーラーに持っていって、車の点検をしてもらい修理をすることも忘れずに実施していくことが大切です。

まとめ:いざという時のための「ロードサービス」を使えるようにしておく

このように、オーバーヒート自体の対処は簡単です。が、にっちもさっちもいかない場合もあることでしょう。例えば、熱が冷めるまで待てないぐらいの急用があるなどです。こういったケースも踏まえ、自動車保険などのロードサービスを使えるようにしておくとよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です