交通事故に合う前に

雪に慣れていない地域で積雪…交通事故に起こさない運転とは?

寒い季節といえば、雪というものが付きものです。東京で積雪があれば、大混乱になってしまうニュースをよく目にします。その中で、自転車に乗って転んでしまうようなシーンも見ることができるときも。このように雪に慣れていない地域での運転について、色々と触れていきたいと思います。

ポイントは「急」という言葉


雪道で絶対にやってはいけないこととは…「急発進をしない」「急ブレーキをかけない」「急ハンドルを切らない」ということです。つまり「急」という言葉がつくような運転の仕方はご法度だということですね。積雪がある道路を走行するときは、兎にも角にも、ゆっくりとした運転を心掛けることが重要になります。
例えば、曲がるときですが、ハンドルを戻すときは、惰性で戻す程度の優しさで問題ないということです。多くの方が、普段から惰性に手伝ってもらいながらハンドルを戻すことになりますが、これに身を任せておけばよいぐらいの気持ちということですね。慣れていないからこそ、落ち着いて運転をしていきましょう。

スタッドレスタイヤを装備していないのであれば運転をしない


積雪があったとき、よく目にする事故の光景は、当然、スリップになります。雪が積もっているわけですから、どうしても滑ってしまうわけですが…この事故の中には「ノーマルタイヤでスリップ事故」というケースも非常に多くあります。積雪があまりない地域であれば、スタッドレスタイヤを装備しない方が当たり前なので、珍しいことではありませんが。
ただ、声を大にして伝えたいことは、「であれば運転をしてはいけない」ということです。ノーマルタイヤで積雪がある道路を走ることは、まさに「事故を起こしにいきます」と言っているようなものです。車での外出は絶対にしないようにすることが防止策ということは言うまでもありません。

まとめ:ゆっくりとした落ち着いた運転が重要

ともあれ、スタッドレスタイヤを装備した状態で運転をしないといけないという場合は、先程も説明した通り「急」がつくような運転をしないことが大切になります。ゆっくりと落ち着いた運転をしていけば、ちょっとした積雪であれば、交通事故を起こすようなことはないと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です